須田将広代表の説明書

B-BALLY’d代表
2005年  第20回夏季デフリンピック男子バスケットボール日本代表
2011年~ ミニバスチーム 枚二VICTORIA コーチ
2019年   第5回デフバスケットボール世界選手権女子日本代表監督
      >> 2019年度世界ランキング

■好きな言葉は、『 勇気凛凛 』
・いろんなこと(スキル、状況、経験、体験)に挑戦すること

■止まらないドリブルは止まらないバスケを生み出す
・ファースト・インパクト → セカンド・ブレイク → サード・ポンプ
・コンポジット・ストップ & ストロング・ゴー
 → ストッピングこそ、いろんな技を出すベストタイミング
 → フィジカルを鍛えて直線的なドライブから決め抜く1on1を目指す
・スケアクロウ
 →肩と視野は直結
・山切りとポケット
・トリプル・スレッドからドリブル・スレッドへ
・ステルス(低空飛行)
・試合でのアプローチ

■パス
・ワンハンド・サイドスローもしくはアンダースローでのパスを推奨
 →肩を酷使しすぎない態勢を身に付けてほしい
・ドリブルのスケアクロウとポケットができてこそ、いいパスが出せる
・腰回りのボールハンドリングが重要

■シュート
・リングのどこを狙う? → 手前と奥
・X’masツリーをイメージ、足(土台)をしっかり使う
 → 踏み込みとフォロースルー、ワイパー
・フローターは全角度で狙えるシュート
・アンダーカテゴリからワンハンドに慣れたほうが他の技と合わせやすい
 →ツーハンドを否定しているというものではない

■ディフェンス
・さわる(スティックハンドのコツ→トレースハンド)
・予測と準備(トラップを仕掛けてトレースハンドで好きにやらせない)

■オフェンス
・P&R中心にしたパターン
・スペインピックとホーンズを合わせたマタドールを個人的に研鑽・研究
・いい意味で相手をだます

■デフバスケ
・デフのジャパン・ウェイの探求
・スマート・ベンチを考え、実践する
・ショート・キーワードとハンド・サインの有効活用

■コーチング
・まだまだ勉強中・・・特にメンタル面!
・人との縁は宝です

P.11