『バスケを本気でやって、デフリンピックに行く。』

『バスケを本気でやって、
  デフリンピックに行く』

あるデフの子どもが語った熱い夢。
すごく、嬉しかった。

そして、思い出した。
デフリンピックを夢見ていた、
かつての自分を。

あのときの自分が、
してほしかったことを、
しっかりサポートしてあげたい。

他にも、夢を追いかける子はたくさんいる。
聞こえる子にも、聞こえにくい子にも。

他にも、ビバリードに関わって、
夢が増えた~と喜ぶ子もいる。

夢も十人十色。
夢は見るものではなく、叶えるもの。

夢を願望のままで終わらせることがないよう、
ビバリードに関わってくれている
子供たちや家族が笑顔になれるように
全力でサポートできれば。

もちろん、僕にも夢がたくさんある。
そのうちのひとつの夢を叶えるために、ここまで来た。

今でも支えてくれている僕の家族に感謝を忘れずに。

まだまだ、道半ば。
やるっきゃないでしょ。

■余談
ビバリードはたまに、
「ビビリード」➡ビビりくん
「ビリバード」➡ビリの鳥さん
…と間違われることがあるが、
めげずにがんばろう笑。