Zoomのビデオ画像に、無線のリアルタイム動画を映す

デフ(聴覚障がい者)が、
バスケクリニックや講習会に参加するときや、
オンラインで講義を受けるときに、
情報保障のために
手話通訳を依頼することがあると思います。
(ときには、オンラインで通訳頂くことも)

①ビデオ会議のとき
②外部イベントのとき

前回は、Zoomに字幕を出してみましたが、
今回はビデオキャプチャーを使って無線で動画を配信し、
それをZoomのビデオ画像として映す方法を考えました。

Zoomでいう「画面共有」ではないので、
動きがカクカクせずきれいに動きます。

例えば、
外部講師が複雑な動きを入れて説明する際に、
近くに寄って細かくスムーズな動画と、
講師のしゃべっていることを字幕にして、
リアルタイムで複数の参加者に
同時に見せることが可能になります。

iPadには画面を分割する機能があるので、
片方はビデオ、片方は字幕、という方法でもいいですが、
たぶん見にくいかもしれません。

ビデオキャプチャを活用
iPadのビデオ画像を、無線でZoomに飛ばす
(大人げなくてすみませんw)

リアルタイム動画配信の課題としては、
モバイルwi-fi使用に限定されてしまうと
通信量に制限がかかってしまう点だと思います。

一旦データを記録して編集後に配信する形で進めて、
課題をどう解決するかゆっくり考えていこうと思います。

以上です、ご清聴ありがとうございました。