バスケットボール・トレンド -Vol.3-

日本に13年間選手やHCとしてバスケットボールに携わっておられた方なので、「日本へ恩返しを」という気持ちがとても伝わってきた内容でした。

また冒頭の説明ではバスケットはお互いから学ぶことがとても大切だとも言われており、一緒に向上していくことの大切さを再認識することができました。

目次

  1. スカウティングとは
  2. ディフェンスのゲームプラン
  3. オフェンスのゲームプラン
  4. スカウティングのアドバンステープの創り方
  5. ラング氏のコアバリュー
  6. ディフェンスの評価の仕方
  7. キャブスのカルチャーを少しだけ…
  8. 質疑応答
  9. 「チームビルディング」について

1.スカウティングとは

まずNBAでは対戦相手のことを事前に分析します。
このことをスカウティングと言います。

クリーブランド・キャバリアーズ(以下キャブス)はチームワークスと言うアプリを使って選手たちと共有しているそうです。

そしてHCにはアドバンステープと言って、15分程度の対戦相手の特徴やセットオフェンスが編集さてたビデオクリップを渡すようです。

2.ディフェンスのゲームプラン

そのアドバンステープを見た後のHCのチームづくり。
まずはディフェンスのゲームプラン①〜⑤を考える。


ー 以降は会員様のみ閲覧できます